入会・登録はこちらへ

  • PROFILE
  • らん(30才) 2017/01/25 動画60分更新
プレイ内容= 野外露出 緊縛多種 羞恥プレイ 乳首責め バイブ責め アナル拡張 アナル責め 双頭ディルド 二穴同時責め 牛乳浣腸 強制排泄 強制フェラ 緊縛ファック

らんはどこにでもいるごく普通の主婦。しかし、らんは淫乱マゾとしての顔もあった。自分が淫乱マゾである事に気づいたきっかけは前の男とのSMプレイ。身動きすら許されない緊縛や骨が痺れる程に響くスパンキングは勿論、一糸纏わぬ肢体を寒空へ曝け出し犬同然に首輪を付けられ野外へ放置された過去。そんな屈辱的な仕打ちを思い出す度に、らんは憤る訳では無く身体は火照りオマンコを濡らしていた。だが、今の主人との性生活は至って普通であり淫乱マゾであるらんはそんな普通の日々に満足できずに身体は疼き昂っていたのだ。そして、ついにマゾヒストである自分の衝動を抑えられなくなり<お仕置きネット>へ志願してきたのである。我々スタッフが、どれ程サディステッィクとも知らずに・・・・。

SM部屋に入ったらんの吐息は明らかに荒くなり身体は火照っていた。それもその筈、らんはここに来る前に野外にて下着を脱ぎノーパンで来たのだから。例えそれが我々スタッフの命令だとしても許可無く興奮している事にお仕置きをしなくてはならない。しかし、緊縛したものの彼女の淫乱マゾは度を超えており、より息を荒げて興奮しているのだった。全身をきつく締め上げる痛みも羞恥心を煽る大股開きのはしたない姿も彼女にとってはご褒美でしか無く、股間にはスケベ汁が滴り落ちて濡れそぼっていたのだった。

次に男優が用意したのは極太のバイブだ。彼女はバイブを乳首に当てられただけでも、息を荒げ絶頂しそうな勢いである。ならば、徹底的に陵辱するべく口を開け卑猥に濡れ蠢くオマンコにバイブを挿入した。これには、この淫乱マゾには相当の刺激だったらしく、卑猥なオマンコからは大量のスケベ汁を溢れさせ、らんは悲鳴に似た嬌声を上げる。オマンコにバイブの根元まで飲み込ませ、そのままかき回せばグチュグチュとした音がSM部屋に響きわたる。らんの身体を締め上げる荒縄はより快感を高めるらしく、一瞬で激しく痙攣しながら絶頂を迎えるのであった。

足を吊るし上げられ、破廉恥に開脚されたらんのアナルに男優がゆっくりと指を挿入してゆくと少しづつ、らんの吐息が荒くなっていく。しかし、これだけで終わるはずは無く次にアナルスティックを挿入するのだった。指よりも太いアナルスティックに更なる刺激を感じらんの嬌声は大きくなり始める。そして続くはアナルビーズだ。大きなビーズがアナルへと飲み込まれていく中、敏感な腸壁を刺激する感覚にらんは嬌声を上げ、オマンコからスケベ汁を垂らし始めるのだった。だが、これで終わりでは無く、最後に取り出した双頭ディルドがらんのアナルを辱めるのだった。

アナルに双頭ディルドが出入りする快感にらんは絶叫する。むろん痛みでは無く快楽の叫びだ。ここで男優はそれ以上の快楽を与えるべく、双頭ディルドのもう一つの頭をドロドロにスケベ汁を垂らしたオマンコに挿入するのだった。アナルとオマンコを同時に責められ、狂った様に嬌声を上げるらん。苦痛に思える仕打ちすらも、らんには快楽にしかならないようだ。スケベ汁をオマンコから流しながら絶頂を迎えたらんに続いて用意されたのは浣腸器だった。浣腸器を見つめるらんの眼はうっとりと次にされる事を期待しているようだ。そんならんに腸内に浣腸液を流し込むと、ガブガブと体内に飲み込むとらんは甘美の嬌声を上げ、やがて我慢の限界を超えるとまるで噴水の様な見事な放物線を描く脱糞をしてしまうのだった。

新たに緊縛されたらんは乳房を弄ばれるだけで、息を荒くするほどに陶酔していた。度重なるお仕置きに、もはや全身が性感帯になっており身体は火照り熱くなっているのだった。だらしなく開いた股から見えるオマンコはドロドロに濡れ、今すぐにでもチンポが欲しそうにヒクついていた。四つんばいにされ敏感になったアナルを舐められると、らんは羞恥と快感に興奮し嬌声を上げる。そしてガチガチのチンポをらんの唇に向けると、らんは唾液を垂らしながら美味しそうにチンポを舐め咥えるのだった。

そして我慢できなくなったらんは自ら破廉恥に股を開きチンポを求めるのだった。焦らされ続けてドロドロに蕩けたオマンコにガチガチの熱いチンポが貫かれると、待ちに待ったご褒美のあまりの快感に絶叫を上げるらん。容赦なく子宮に打ち付けられる様に振られる腰使いにらんは悶絶し、自らも腰を振り快楽を求め貪るのだった。まるで肉奴隷の様に犯され続けたらんだったがザーメンを大量に浴びて味わう心地よい達成感に彼女は自らが淫乱マゾである事を改めて確信し、悦びを感じるのだった。

| CLOSE

お問い合わせ | 入会案内 |
当ページに含まれる画像、及びテキストの無断転載、使用を禁止します。
(C)Copyright Oshioki.net inc. All rights reserved.