入会・登録はこちらへ

  • PROFILE
  • えり(21才) 2017/8/7 動画60分更新
プレイ内容= 片足吊り 全身逆さ吊り 緊縛多種 バラムチ叩き 電マ責め バイブ責め アナル調教 二穴責め ローソク責め 強制フェラ 緊縛ファック

今回の被験者は21歳のえり。少しだけSMの経験があるということだが本格的な調教を受けるのははじめてだそうだ。そもそもえりは自分にMな素性があることを自覚しており激しい調教を受けてみたいと夢見続けていたそうで今回はその実現ができるとあって心待ちにしていたそうだ。しかしいざ調教部屋に連れてこられたえりからは少しづつ笑顔は消えていった。

黒塗りの部屋で強面の調教師による緊縛が施されていくとえりはそのシチュエーションだけですでに紅潮してきているようだ。身体の自由が徐々に奪われていくことにまたその境遇に陶酔していくえり、やはりこの娘は根っからのM女のようだ。後手に縛られ片足を吊り上げられた格好でお尻をスパンキングされるえりは叩かれることに快感を感じ始めていた。

そんな初歩的な調教からよがっているえりに調教師はさらにキツイ緊縛を施していく。えりは全身を縛り上げられた挙句、自分自身の体重を麻縄伝いに感じることとなる。そう、海老反り状態で全身吊りをされたえりにスパンキングそして電マ責めが待ち受けていた。そんなえりの濃紺のパンツの股間はすでに白くシミが浮き上がっていた。まるで電マを強く押し当ててくださいと言わんとしている様だ。

宙吊り状態のえりは電マを押し当てられた途端にあっけなく勝手にイキ果ててしまう。そこでバツとして調教師はさらに過酷な縛りを施すのだった。全裸で逆さ吊りにされたり、頭に血が上る状況においてバラムチでシバかれるえりはさらに強く叩いて欲しいと懇願するのだった。全身吊りですっかり従順になっているえりのオマンコはもうグッチョリとスケベな汁で溢れかえっていた。

M字開脚で椅子に拘束されたえりのぐちょぐちょなマンコにバイブがズブズブと突き刺されていく。そして突き刺されたバイブは激しくえりのオマンコを掻き回していくのだ。その度にえりは艶かしい声をあげるのだがオマンコだけの責めで許される訳はなく、同時にくっきりと晒されたアナルにもバイブが突き刺さられ、えりは二穴責めに悶え狂うのだった。

アナルでも快感を味わうようになったえりを今度は長椅子に縛りつけ蝋燭責めを施してやることにした。仰向けで手足を縛られたえりの身体はくねくねと動き悶え乳首はピンと勃起しておりオマンコの隆起はとてもそそられる光景だ。その白い肌の上に真っ赤な蝋燭がポタポタと垂らされていく。えりはその熱ささえももはや快楽と感じられるようになっていた。さらに蝋燭を垂らされながら電マを当てられるえりはまたしても絶頂を味あわされてしまうのだ。

しかしイッってしまっても簡単に責め手を緩める事は無く何度もイカされ続けるえりは全身を激しくくねらせてもがき続けるのだった。数々の調教を施されてきたえりはもうすっかり我々の言うことに従う従順な雌豚だ。虚ろな表情で巨チンにむしゃぶりつくのだった。そして喉の奥にまでチンコを押し当てられ嗚咽するえりはオマンコに入れて欲しそうな表情を見せるのだが、そう簡単にはご褒美は与えてもらえない。

69になり激しく手マンされると堪らずえりはお潮を漏らす粗相をしてしまうのだった。ようやくオマンコにチンコを挿入してもらったえりだが自ら足を広げもっと激しく突いてくださいとおねだりするほどの淫乱ぶりを見せる。そして男優の激しい腰使いに満足そうな表情を浮かべ快楽を貪るのだった。騎乗位では自ら激しい腰使いを見せるえり。全身が敏感に感じるようになったえりは巨チンにさんざん突かれまくり何度も何度も絶頂を味わうのだった。

| CLOSE

お問い合わせ | 入会案内 |
当ページに含まれる画像、及びテキストの無断転載、使用を禁止します。
(C)Copyright Oshioki.net inc. All rights reserved.